HMN-320 美人女将とこっそり

 読み込み中 

夫の仕事の都合で田舎に引っ越しすることになり、明日東京を離れることになりました。市内最終日。家具もベッドもなく、思い出だけが何もない部屋で、私は街の男たちと狂うことしかできなかった。装飾はいらない、ラテックスもいらない、全裸で生でずぶ濡れで本能のままにオーガズムと射精を繰り返す。キスしたり、エッチしたり、犯されたい、膣内に中出ししたり。もうこの部屋には何も残らないでしょう。

HMN-320 美人女将とこっそり